パワースポット

パワースポット 深川不動尊

20日(土)晴れ
当サロン企画の、パワースポットめぐり「深川不動尊」を開催しました。

ランチご希望の方は、上野での、
バイキングコースでした。

パスタの注文に対して、
お店のオーダーミスで、ピザを焼いてしまい、
よかったらと、サービスでピザが食べられました。

写真は、そのピザです。
とても美味しかったです。

ランチは、5人でしたので、
チキンの丸焼きが出るとのことです。
バイキングを沢山食べると、チキンが食べられなくなると言われたので、
私は、控えめに食べました。

やや、お腹も一杯になりかけたところに、
チキンの丸焼きが、登場です。

焼きたてで、外はパリパリ、中は、丁度よい焼き加減で、
とても、美味しかったです。

皆さんお腹が一杯になり(きついくらい)
次の待ち合わせ場所(門前仲町)に、移動です。

待ち合わせ時間よりも、早めに到着しましたが、
既に、皆さん、来ていました。

コースの道順は、夫にまかせて、
まずは、「富岡八幡宮」に行きました。

ペンデュラムをお持ちの方は、エネルギーを調べました。

弁天池に行く途中、5社の末社が祀られています。
各末社の前でペンデュラムで、自分合った神社を確認します。
当然のことながら、人それぞれに違っていました。

続いて、今回メインのパワースポット「深川不動尊」

不動明王を参拝して、天井の間、4階へ移動しました。

天井の間に入るなり、空気がガラリと変わります。
殆どの人は、瞑想をしていました。

ペンデュラムで確認をしましたら、ペンデュラムが廻りやいなや、
引っ張られる感覚がありました。
同じように感じられた生徒さんもいました。

20分近くいましたが、人が混んできましたので、
2階の四国八十八カ所巡拝所へ移動。
(四国八十八カ所霊場からそれぞれ頂戴したお砂をお納めしたお部屋です。
手軽に四国遍路を体験いただけます。)

祈りの回廊へ移動なのですが、ご祈祷をしていましたので、
外から廻って、行きました。
(本堂左手からご本尊の真下を通る回廊です。
約1万体のクリスタル五輪塔が奉安されています。)

次に移動した場所は、「深川江戸資料館」です。
https://www.kcf.or.jp/fukagawa/
室内は、原寸大の、建物があり、路地裏散策が面白かったです。

続いて「清澄庭園」へ。
行く途中に、昔ながらのアイスキャンデーが売っていましたので、
ここで、皆さん、食べながら一休みです。
「清澄庭園」散策後、自由解散にして、
両国駅付近での居酒屋での親睦会。

ちょっとした、遠足気分での散策でした。

ご要望もありましたので、
今後も、開催する予定です。

今後の予定

2017年 秋 九品仏・等々力渓谷 他

2018年 春 白丸・羽村取水堰などの社会科見学
      昼食はご要望がありました「ままごと屋」
Img_20170520_120030_20170521092427

Img_20170520_123057_20170521092448_

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

日程変更のお知らせ

5月13日(土)に予定していました「パワースポット日帰りコース」は、

5月20日(土)に変更いたしました。
再度、お申し込みを受付いたします。

開催日:5月20日(土)

★コース
富岡八幡宮 → 深川不動尊 → 深川江戸資料館
→ 清澄庭園 → 清澄公園 

参加費:無料

集合場所のご案内

1.ランチをご希望の方
特別ランチ バイキング付きコース 1ドリンク付き
2,500円 → 1,980円
集合場所:11:30
JR「上野駅 不忍口」改札口

2.ランチを、ご希望されない方
集合場所:13:30
地下鉄「門前仲町」
東西線 西船橋方面の改札口

お申し込みの方は、
集合場所を明記でお願いします。

お問い合わせ・お申し込み
izd00076@nifty.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

パワースポット日帰りの旅

開催日:5月13日(土)降水確率50%以上の場合は、
    5月20日(土)になります。

noteコース
富岡八幡宮 → 深川不動尊 → 深川江戸資料館
→ 清澄庭園 → 清澄公園 

参加費:無料

集合場所のご案内

1.ランチをご希望の方

特別ランチ バイキング付きコース 1ドリンク付き
2,500円 → 1,980円

集合場所:11:30
JR「上野駅 不忍口」改札口

2.ランチをご希望されない方

集合場所:13:30
地下鉄「門前仲町」
東西線 西船橋方面の改札口

お申し込みの方は、
集合場所を明記でお願いします。

お問い合わせ・お申し込み
izd00076@nifty.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

パワースポット 白丸 日帰りの旅

東京奥多摩にあります白丸は、
山間にある小さな集落で風水の理想である四神相応の地にあります。

明治から昭和にかけて活躍した日本画家・川合玉堂が愛した村です。
村自体がパワースポットなので、
村の小道を歩いているだけで体中の血が沸々と温かくなります。

}
そして風水でいいますと、龍穴(パワーが噴出している場所)に位置します、
元栖神社があります。
今回2回目となりますが、元栖神社をご案内させていただきます。
どの場所に立てばパワーが得られるのか、教えます。
せっかく訪れるのですから、パワーを受け取りましょう。

開催日:11月19日(土)
当日雨予報なので、20日(日)に変更しました。
参加費:500円
※満席となりました。
食事代と交通費は、実費となります。

食事場所:澤乃井直営料亭「ままごとや」
澤乃井はお酒の蔵元です。
フルーティーなお酒もありました。

http://www.mamagotoya102.com/
食事時間ですが、14時~となります。
12時~は、団体44名分の予約で、
お取りできませんでした。
集合場所と時間
①JR立川駅 青梅線 進行方向一番前 10:30集合
②JR青梅駅 青梅発11:15発(奥多摩行)
  一番前に乗車してください。
お席がお取りできますので、
11月10日まで受付します。
注:お申し込み後の取り消しは、
キャンセル料が発生します。
お問い合わせ・お申し込み
お申し込みの方は、
タイトル:「白丸」
1.集合場所①か②を明記
2.お名前
3.当日の連絡先
以上を入力でお申し込みください。
izd00076@nifty.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

パワースポット 京都・奈良

10月18日~21日 3泊4日の旅でした。

1日目
東京から奈良へ
「キトラ古墳は」期間限定、特別展示ということで、平日なのに、
駐車場は、満車。
あきらめて、石舞台に行きました。
吉野山で宿泊
以前宿泊しました国民宿舎は、廃業していました。weep

2日目
☆「キトラ古墳」
特別展示は、休日crying
ですが、資料館でレプリカで見られました。
壮大なる宇宙画が書かれているのと、
4獣神(玄武・青龍・白虎・朱雀)が、方位の通りに描かれていました。


☆丹生上神社下社(にうかわかみじんじゃしもしゃ)
奈良県吉野郡下市町にある神社です。
日本最古の水の神様となっています。
入り口に、ポニー??
白い馬と黒い馬が作の中にいました。
「神馬」となっています。
拝殿へ行きましたら、めがねをかけたおじさんが、
掃除をしていました。
拝殿から本殿は、山に向かって上り階段になっています。
山から龍が階段を下りてくると言われています。
お参りをした後、御朱印をいただくため、
社務所に行きましたが、誰もいません。
傍で掃除をしてい人が、「宮司さんを呼んできますね」と言って、
拝殿のほうへ歩いていきました。
現れた人は、なんと、拝殿で掃除をしていた人でした。coldsweats01
御朱印を頂き、駐車場に向ったのですが、ふと、
石が気になり、石の説明を読んでいたら、
さきほどの宮司さんが来て、「本殿を参拝しませんか」と言われました。
夫はすでに、車の傍にいましたが、呼び戻し、
拝殿の中に入りました。
私は、龍に関係があるのですか?と尋ねましたら、
宮司さんは、
「御祭神の
闇□神(クラオカミノカミ)は、
□(オカミ)の字体は、”雨”かんむりに”龍”と書きます。」
※闇靇神
雨を降らすには、黒い馬、雨を止めるには白い馬を奉納すると、
説明されました。
最後に、拝殿にありました聖水?(300mlペットボトル入り)をいただきました。

☆天河神社(天河大弁財天)
天河神社は、“縁がなければ、たどり着けない場所”ともいわれています。
「来るべき時期が来ないとたどりつけない」「神様に呼ばれた人が行くところ」などの言い伝えがあり、縁のない人は行きたくても天河には行くことができないと言われています。
本殿に祀られている弁財天像は通常非公開で、毎年7月16日から17日にかけて執り行われる例大祭においてのみ開帳されます。
このとき、各種祝詞・般若心経や神楽とともに、能楽やアーティストの演奏などが奉納されています。
また、本殿右扉の中に安置されている日輪弁才天像は60年に1度にのみの開帳とされています。
見逃せない5つの社殿
本殿に行くにはここから75段もある階段を上がっていくことになります。
念のため本殿に行く手前に天地主大神や天神大神が祀られている「五社殿」と「天石」があります。
5つの社殿見逃せないスポットとなっているようです。
下記が五社殿のご祭神です。
●龍神大神…弁財天の化身なる龍神の神
●大将軍大神…八ツの杜の内森本神社ご祭神  
●大日霊貴神…天照大御神の御別名  
●天神大神…菅原道真公  
●大地主大神…琵琶山の地主守神
龍神大神は、一番手前にあり、
私は3回目の参拝ですが、はじめて、龍神なのだと知りました。
また、この「天石」を霊視した人から、古いお坊さんが着いていると言われました。
たぶん、このお坊さんなでしょうか、始めて参拝し、帰ってきてから、
夢枕にたち、幽体離脱の方法の「印」を教えていただいています。
詳しくは、ブログに記載しています。
聖なる石「天石」
天石は聖なる石と言われています。天河大弁財天社があるこの地は四石三水八ツの社と言われていて、
4つの天から降った石、3つの湧き出る清水、8つの社に囲まれた神域とされています。
天から降ってきた4つの石の内三つの天石を境内に祀っています。
この石はとってもパワーが強いとされていて、敏感な人は吸い寄せられるように感じるそうです。
二つは、見つけましたが、三つ目はわからなかったので、社務所の人に尋ねましたら、
裏参道にあり、行者を祭っているお社の傍にありますとのこと。
夫は来なかったので、私一人で裏に回り、「天石」を探し当てました。

☆安部文殊院
文殊菩薩は、私の守り本尊です。
安部文殊院は、2回目の参拝となります。



☆藤原京跡
広大な広さです。
その一角にコスモスが咲いていました。

3日目
☆宇治平等院
10円玉でもお馴染みですね。
屋根の上の鳳凰に、”雄鶏”と”雌鳥”があるのはご存知ですか?
尾っぽが、上がっているのと下がっているのがあるのです。
見たことがありますが、確かめてみてね。

☆宇治神社
「みかえり兎」が鎮座しています。
手水舎がありますが、兎がモチーフとなっていました。
おみくじも、兎の形をした中に入っていました。


☆宇治上神社
平等院と近いのですが、訪れる人が少なく「穴場」です。
宮司さんがいないため、御朱印は、既に書かれている、
6色ある台紙から選ぶのですが、秋色のは無く、
白(一般的)のは除いて、金字で書かれていました。
私が選んだ色紙は、紫です。
しおりを読んだら、紫は、紫式部に因んだ色だそうです。
興味ある方は、当サロンへお越しいただいたときにでも、
お見せいたします。


☆稲荷
駅前からりっぱな鳥居がドドーンとあります。
外人が選んだNO1となっていました。
さすがに、外人が多いです。
英語、中国語、フランス語、???語、様々な言葉が飛び交っていました。
宇治平等院では、イタリア語で説明している添乗員がいました。

4日目
☆神泉苑
「善女龍王殿」となっていました。
池には、龍の船が浮かんでいました。
ここも穴場で、数人しかいませんでした。

☆龍安寺
石庭で有名です。
修学旅行の小学生や中学生で、ごった返していました。
うるさくて、数分で出てしまいました。
昔は、静寂が損なわれるという理由で、小・中学生の団体はお断りでした。
外人も多くいましたが、これではがっかしているのでは思いました。
龍安寺の石庭の石に数は15個。
明石散人氏らによると、石の配置は、
カシオペア座の配置をまねたのではないかという説をたてています。
カシオペア座の星と同じ配置にすることで、
宇宙からのパワーを集めている、ということだそうです。

☆妙心寺
龍図で有名なお寺です。
説明つきなのですが、時間が折り合わず、
諦めました。
何時の日か、再度、訪問したいです。

帰りの電車。
関東で地震が発生して、遅れていました。
携帯で調べたら、震源地は千葉でした。
そして帰りの新幹線で、京都でてすぐ、
地震警報。
トンネル内で停車。
電気系統は使えずドアは手動、トイレは使用できません。
天井の照明は、非常照明。
初めての経験です。
20分遅れで、動き、ホッとしました。

教訓:
京都・奈良の旅行は、修学旅行生がいない時期に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

パワースポット 奥多摩篇

以前にも書いていますが、元栖神社へは3回目の訪問となります。

時は、11月21日(日) 晴れのち雨

仲良し3人組で、忘年会を兼ねたランチをしました。

清酒・澤乃井直営料亭「まゝごとや」
http://www.mamagotoya102.com/

紅葉の時期は、大変混雑をするお店です。

澤乃井は、生酒がお勧めです。
生酒は、夏の販売ですので、今回は「しぼりたて」を、
3人で飲みました。
癖もなく、とても飲みやすいお酒でした。
吟醸 『上善如水』 (ぎんじょう じょうぜんみずのごとし)
に似たお酒でした。

食事は、大変ヘルシーで、美味しくいただきました。

天気予報では、雨マークでしたが、
沢井駅に着いた頃は、青空で、とてもよい天気でしたが‥‥。

久し振りの3人で、話もはずみ(3時間ほどいました)

お店を出ますと、雨でした。
ショップコーナーで、私は、「はちみつ入りおからきなこ」を買いました。

「まゝごとや」へのアクセスは、奥多摩線の「沢井」駅です。
青梅駅での乗り換えとなりますが、青梅駅を過ぎますと、
緑が多くなり、東京?と思ってしまいます。
とても、自然で、ちょっとした旅行気分になります。
せっかくここまできたので、
足を伸ばし、奥多摩駅の1つ手前、「白丸駅」に行きました。

白丸付近は、風水の立地条件に適合した場所で、
風水師でもお勧めな、有名パワースポットとなっています。
特に、「元栖神社」は、パワーが凄いです。

一緒に行った一人も、
「何も感じない私だけど、私でもすごく感じるわ」と言っていました。

前回は、生徒さんをご案内しましたときも、
同じことを言っていました。

帰りの電車での車窓は、霧で、とても幻想的な風景でした。
墨絵を書いている友人は、「まるで墨絵の世界でうれしいわ」と、
言っていました。

白丸は、とてもお勧めのパワースポットですので、
是非、行って感じてみてくださいね。




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

パワースポット 伊勢編

8月12日~15日のお盆休みで、
名古屋方面に行ってきました。

伊勢神宮、内宮へは、3度目になります。
今回は、初めて外宮への参拝です。

本殿の手前左手に、縄で張り巡らされている中央に石がありました。
通りかがリに聞いたツアーのガイドの説明では、「ただの石で、パワーはありません」と、
説明がありました。

お参りをして、”ただの石”を見ながら、
亀の形をした石橋を渡り、他のお社を参拝しました。
再度、亀の石橋を渡り、石が気になり見ましたら、
数人の人が、手かざしをしていました。

私は、石の所へ戻り、顔を近づけました。
温かく感じるではありませんか。
顔を遠ざけると、温かさはなくなり、再度近づけると、
やはり、温かいのです。
説明していたガイドさんは、感じる方ではなかったようです。

ガイドさんが「ただの石です」と言ったことに、
惑わされずに、実際に感じることが大事なのだと思いました。

外宮を後にして、内宮行き、直行バスで移動しました。
内宮の2回目は、数年前に行きましたが、本殿は工事中でした。

今回は、完成していて、綺麗な本殿を拝むことができました。
波動は、外宮の方が私には、合いました。

鳥居は、20年に一度、作り替えをします。
古い町並みで有名な、関宿に、一の鳥居があります。
この鳥居は、伊勢内宮にある鳥居を再利用するとのこと。
つまり、リサイクルなのです。

20年前の鳥居は、阪神淡路の震災でとのことで、
送られているそうです。

関宿のお店のご主人から、心温かい説明を受けて、
和む一時でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

パワースポット 水戸界隈編

5月6日、7日で、茨城の水戸に行きました。

1日目:
大洗磯前神社(おおあらいいそざき神社)
パスポット言われる、おそらく一の鳥居は、海の中にあります。
約100段近くの階段を上がっていきます。
上るときは、あまり感じなかったのですが、
参拝後、階段を下りるときに、海からのパワーがとても強く感じました。

大洗の魚市場に行きました。
ここで、ズワイガニてんこ盛りの味噌汁(¥300-)、
焼きカニ(¥500-)とても美味しいです。
カニ好きの方は、味噌汁がお勧めです。
是非、ご賞味あれ。

宿泊場所は、「水戸ステーションホテル」
一泊一人¥2,250-(じゃらん会員)サービスの朝食付き
11階には、フリードンクがあります。
眼下には、桜川が見え、とても良い眺めでした。
枕は、低反発、高反発、しかも、シャンプーやコンディショナー、洗顔料、
リセッシュなど、1階フロントに置いてあり、好きに選べます。
とてもお安く、朝食も美味しく頂くことができました。

2日目:
昨日参拝しました、酒列磯前神社(さかつらいそざき神社)大洗磯前神社とセットとなります。
両神社は、同年西暦856年に創建しています。

300mのまっすぐの参道を歩いて、拝殿になります。
参道に入った途端、正面からとても良い気が流れてきます。
後ろが気になり、振り向きましたら、気の流を妨げるように、
家がありました。
昔は、家もなく、もっと、気の流れは良かったのだろなと思いました。
しかし、その家は、まともに気を受けて、何も起こっていないのだろうかと、
頭の中をよぎりました。

私は、いつも、一周して神殿を拝殿します。
神殿の真後ろに、大きな木がありました。
苗代があったので、ご神木だと感じ、この木触れたくなり、
1mほどの囲いの外でしたので、ぐるりと周り、足元は草があったり、
時々、柔らかい土があるのか、足が、フニャと沈みます。
注意しながら歩き、やっとご神木と思われる木にたどり着きました。
その木に触れると、エネルギーの流を感じまそた。
まるで天から地へと流れているようです。

水戸駅から数分の場所に、「水戸東照宮」があります。
予定ではなかったのですが、前日の夕方、散策して見つけました。
階段を登ると、すがすがしい空間なのです。
清められて、素晴らしい波動でした。
階段を下りると、下界の下りたような感覚になりました。

さて、酒列磯前神社へは、阿字ヶ浦駅から徒歩20分、峠越えがあり、
ほとんど上り坂で、とても辛かったです。
帰りは、磯前駅(いそざき駅)徒歩5分と書いてありましたので、
磯前駅に向かっているのだと思いきや、夫が「さっきの駅だ」
「えっ?????」
15分ほど歩きましたが、道は平坦。
行く時の峠超えは、何だったのでしょう。

歩数
1日目:14,794歩
2日目:19,770歩

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

パワースポット 世田谷編

今回のイベントのお誘いは中止とさせていただきましたが、
知人が一緒に廻りたいとの希望で
世田谷以外も含めて7箇所に行きました。
御朱印は6箇所いただきました。

1.最初は、井の頭公園内の弁財天
秘儀の行事のため、後朱印はいただけませんでした。

2.武蔵野八幡宮

3.目青不動尊
江戸城結界のために、家光が成立したと言われています。
目青は、江戸五色不動の1つで、全ての色を繋ぐと、五芒星になるのですが、
残念ながら、現在はいくつかの不動尊は移設され、五芒星にはなりません。
目赤不動尊は、目が赤かったので、てっきり目の色だと思っていましたが、
色は、方位を示すもだと解りました。
ここで説明をいただき、目黄不動尊は二つあるとのことです。
五色不動最後の参拝と思いきや、
台東区にあります目黄不動尊がまだとなってしまいました。

4.奥澤神社
鳥居に龍の形をした注連縄(しめなわ)?が絡み付いていました。
ここは、とても良い波動を発していました。
ご神木に手に触れましたら、とても温かく気持ちが良かったです。
久々の、パワースポットです。

5.九品浄眞寺
九品仏(くほんぶつ)で有名なお寺です。
境内はとても広く、銀杏がとても綺麗に紅葉していました。
人も多く、カメラを持っている人も目に付きます。
御朱印は、本堂の中でいただけます。
中庭も眺めることができます。
瓢箪の形をした池もありました。
本堂を後に、九品仏(阿弥陀如来)を拝観しました。
三つのお堂があり、それぞれ三躰ずつ安置されています。
中央のお堂が公開されていました。
ここも、とても良い波動でした。
本日2ヶ所目のパワースポットです。

6.玉川神社
石獅子(いわじし)をオブジェがあります。
獅子は 子を生むと その子を 深い谷底に投げ落とし生き残ったものだけを育てるという
俗説から自分の子に苦しい試練を与えその才能をためし
立派な人間に育てることのたとえとして 、
遠き昔よりこの様な子育ての信仰があった。
という案内が書かれています。

7.等々力不動尊
訪問2回目。
七五三の家族ずれ、参拝者が多かったです。
休憩を兼ねて、ソフトクリームを食べました。

休憩後、等々力渓谷を散策。

一路、飲み会参加者と合流のため、高幡へ移動。

今回の歩数、20,842歩。
よく歩きましたが、パワースポットに2箇所行ったお陰なのでしょうか、
不思議と疲れていませんでした。

また、企画しますので、飲み会のみでも、希望があればご連絡くださいね。
次回は、「パワースポットをみつける旅」として、
上野不忍池 弁財天からのスタートの予定です。
筑波山神社(企画中)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

パワースポット 京都・奈良編

2013年8月11日~14日 下記の日程で、

京都・奈良に行ってきました。

前日の夜、二週間ほど前に、自転車で転んで打った左足付け根が、

歩くのが困難になるほど痛みました。

夫は、「最悪はキャンセルだね。」と言いました。

私は、行ってはいけない場所があるのだろうと、

ペンデュラムで尋ねました、すると一箇所だけ「ノー」となりました。

ですので、下記の日程で、この場所は、予定から外しています。

1日目 金閣寺→晴明神社

2日目 出雲大神宮→石清水八幡宮→河合神社→下賀茂神社→上賀茂神社

3日目 大神神社→狭井神社→久延彦神社→東大寺→手向山神社(東大寺の守護神)→
    春日大社

4日目 平安京跡→薬師寺→東福寺(夫の祖母の旧姓)

神社はどれも、鳥居をくぐりますと、波動が変わりました。

2日目に行きました出雲大神宮は、交通の便がとても不便でした。
まず、山陰本線の「亀岡」で下車。タクシーで出雲大神宮へ行きました。
帰りのバスを確認したら、30分ほど時間がありました。

御朱印をいただき、10分ほどありましたので、境内を散策しました。
霊験あらたかな水としてミネラルバランスが良い中硬水「真名井の水」で、
手を洗ってから、本堂の後方にあります、
「神が宿っている御神体」(磐座)に合掌をした後、
「崇神天皇社」のお社を参拝しました。

私は、お社を廻れる場合は、必ず半時計周りに廻ります。
「崇神天皇社」は、廻ることができましたので、いつものように半時計廻りで歩き始めました。
ちょうど、お社の後の場所へきたとき、男性の声で「よくぞ、参られた」と聞こえました。
えっ!!
とても高貴な声でした。
お社の正面に戻り、感謝の気持ちで、再度合掌をしました。
夫にこのことを言いましたら、夫も、「崇神天皇社」へ参拝していました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B4%87%E7%A5%9E%E5%A4%A9%E7%9A%87

続いて行きましたのは「石清水八幡宮」です。
ここへは、ケーブルカーで上っていきます。
ケーブルカーから降りて、少し歩いたら頭が痛くなってきました。
後で調べましたら、ここは、京都からみて裏鬼門の位置になるようです。

帰ってから、石清水八幡宮のしおりを見ると、鬼門封じの石垣があるとのこと。
封じてしまっているので、気の流が良くないのかもしれません。

泊まった宿は、奈良公園の側で、東大寺へは徒歩10ほどの宿でした。
東大寺は昼間、拝殿しましたが、夜、東大寺での、燈花会をする日でしたので、
夕食後、再び行きました。
とても幻想意的で、綺麗でした。

http://www.kasugano.com/kankou/toukae/top.html

3日目に行きました「狭井神社」。
拝殿の左後ろに、この神社の由来になっている神水の井戸・狭井があります。

ここから湧き出る水は昔から「薬水」と呼ばれていて、
この薬水を飲めばいろいろな病気が治るという。
このため遠近から神水を汲みにくる参拝者は多いそうです。
自由に取水することができます。

コップも設置されていて、消毒もされていました。
とてもまろやかで、柔らかいお水でした。
空いたペットボトルに入れ、飲んだ残りは、残りは自宅に持ち帰り、
庭木に与えました。

最終日に行きました「東福寺」は、夫のお祖母様の旧姓です。
何かしらの縁があると思われますので、
総本山であります、京都の「東福寺」へは、是非行きたいと思っていました。

「東福寺」は、紅葉で有名なお寺です。
境内はとても広く、もみじがたくさん植わっていました。
紅葉したもみじは見事なのだろうと、紅葉狩りをしたい気持ちになりました。

今回は、様々な波動を感じた神社仏閣巡りとなりました。

1日目 歩数 15,653歩

2日目 歩数 16,374歩

3日目 歩数 25,118歩

4日目 歩数 15,323歩

よく歩きました。そして、2日目の気温は、40度近くありました。sun

右足小指、水ぶくれありweep

追:夫の発言「神社は無料なのに、お寺は、なぜ拝観料を取るのだろう?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|