守護霊

霊視 霊査 守護霊

前回の交流会で、守護霊について説明をしました。
参加されました方4名の守護霊のエネルギー体は、
女性3人、男性1人でした。

守護霊を見てくれるのですか?というお問い合わせがありました。
連れてくれば、見ますよ。とお答しました。

さて、この「連れてくる」とは、どういう意味なのか、
多くの方は、理解されていないと思われます。

守護霊が姿を現すには、
その人の魂レベル、霊各が関係しています。

スピリチュアルな世界を大事にしている人、
常日頃から、感謝の言葉「ありがとう」を言っている人は、
守護霊は、現れます。

さて、守護霊や指導霊がいるのかというご相談で来られた方がいます。
その方に、「守護霊はいると思いますか?」と尋ねたところ、
「いない」と答えられました。

霊視しても、守護霊は現れませんでした。

その方には、まず守護霊を知るには、霊界のシステムを知っていただこうと、
講義の準備をしました。
テキストを印刷する時間、夫に天使について詳しく説明をしてもらおうと、
本人の承諾を得て、夫にお願いしました。
印刷を終えたら、夫は、変な顔していました。
後で、聞いたら「趣旨が違う」と、断れたそうです。

霊界のシステムを講義している途中で、
「もういいです」と言って、帰られてしまいました。

守護霊とは、なんたるかを、理解できなかったようで、
残念に思いました。

反面、「守護霊はいない」と思っている人の、
講義(途中で聞く耳もたず)での難しさ、
そして、いないと思っているのに、守護霊を見てほしいという矛盾。
私が、勉強させられました。

帰られた次の日の明け方4時過ぎ、この方の守護霊とアクセスしました。
とても高貴な女性で日本人でした、巫女に関係している方でした。
私は、なぜ現れなかったのですか?と尋ねました。

守護霊は、

「彼女に、学びの場を与えたのです。
頑固さゆえに、家族や人との付き合いに、問題が生じています。
今の彼女の課題は、素直になることなのです。
自ら気づくことが大事なのです。
ですので、学びの場をせっかく用意したのですが、
彼女は、それに気づくこともできず、頑固さが現われて、
素直な気持ちになる課題は、遠のいてしまいました。
私としても、魂の向上がされなかったことに、
とても残念でなりません。
他の場所での霊視を行ったところで、私は姿は現しません。
まだまだ、修業が足りないようです。」

と言われて、とても残念だという波動を強く感じました。

どうか、これを読まれている方は、
まず、素直になること。

特に、スピリチュアルなことは、勉強させられているのだと、
思っていただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

守護霊について

私が言う、守護霊とは、人が地上に誕生する前後から他界する頃まで、

ずっと見守り、霊格の成長した霊魂のことを指しています。

人生の途中で霊能者や宗教団体などから付けてもらう霊魂や、

他界後それほど経たない先祖の霊魂は、守護霊とは呼んでおりません。

また、守護霊が複数いるということはありません。

つまり、守護したり指導したりする霊魂が何名もいるという場合、

そうした霊魂を、指導霊と呼んでいます。

守護霊は、お一人で、交替もしません。

これらの内容は、私の守護霊から教わったり、

私の7人いる指導霊から、教えられた内容です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

守護霊(5)

私達が生きていく上で、魂の向上がカリキュラムとしてあります。
このカリキュラムは、守護霊の存在が加味されます。
なぜなら、守護霊も修業を行なっているからです。
スピリチュアルなスクールやイベントなどに参加しますと、
守護霊と一緒に来られている方を多く見られます。

また、当サロンで交流会などを行っていますが、
守護霊さんを連れて来られる方もおります。

守護霊のメッセージを聞きたい方も居られるかと思いますが、
守護霊からのメッセージは、他人に言いません。
魂の向上があってこそ、守護霊は直接本人に伝えます。
守護霊は、ああしなさいとかこうしなさいとか命令はいたしません。
常に、お導きです。

魂に与えられた試練に対して、
諦めずに前向きに努力する人には、手を差し伸べますが、
試練に対し努力もしない人には、守護霊はけして、手を差し伸べません。

自分とよく似た霊が、守護霊となります。
あなたの魂と縁がある方(ご先祖様ではありません)
年代、男女、国籍や霊位の高さも様々となります。

守護霊が守護する力には霊位により差があります。

守護霊は、通常、「霊界」にいます。

霊界から、注視しているのです。

「守護」という用語から連想されるものとは違って、
向上進化を第一とした厳しいものです。

試練を与えることもありますが、

できないことは与えません。

また、「悩み」も与えません。

最近、私の守護霊を感じられません。
またまた厳しい修業をしているのかもしれません。
戻ってくるのが、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

守護霊(4)

守護霊は、かなり高い次元、
つまり状態の変化を重ね、学びを進めていった霊なのです。
守護霊は、霊界においては、高級霊界に入る一つ手前の段階にいます。
守護霊からの総合的な導きを、指導霊が分担して担うというシステムです。
指導霊は、守護霊ほど学びの段階は進んでいません。
守護霊は、お一人ですが、指導霊の人数は決まっていません。

皆さんの他界した近親者が臨時で加わる場合は、指導霊の「補助」としてです。
ですから、知っている範囲の近親者が守護霊になれるはずはありませんし、
初めから指導霊として参加している、というのは稀なことなのです。

守護霊は、他の方にメッセージを伝えることはなさいません。

うまくいかない時こそ、守護霊は注視しています。
じっと見守っているのです。
そこで何を思い、どう行動するのかすべて見ています。
「こうすべき」という思念と、「こうであるように」という、
愛念とを同時に送っているのです。

ところが、何度も思念と愛念を気づかずに、
心をかげらせてしまう場合が多いのです。

心をかげらすということは、負のオーラを発してしまうのです。
負のオーラを発してしまいますと、
守護霊からの、思念をキャッチすることが出来なくなってしまうのです。

指導霊ですが、大体の方は、3人ほどついています。
多い方で、12人ついている方もいました。
私には、7人でしたが、昨夜、入浴中(我が家の風呂場は、表鬼門にあり、
高次と繋がりやすいのです。)
一人増えて、8人になりました。
8人目に方は、初老で、杖を持っていました。まるで、仙人のような方でした。
どのような役割をされているのかは、教えてくださいませんでしたが、
いずれ、解るときがくるのだろうと思います。

ちなみに、主人の指導霊は5人ついています。

指導霊は、交代もしますし、臨時に加わる時もあります。

魂の向上を怠っていますと、それなりの指導霊と交代をします。

さて、某サイトで、自称霊能者と名乗っている方のコメントで、
守護霊は3人いますと、答えられていました。
この方は、守護霊にアクセスできない方なのだと思いました。

守護霊は、かなり次元が高い方となります。(17次元~22次元)。
指導霊は、5次元~16次元にいる方となります。

守護霊を複数で答えている方は、実は、守護霊ではなく、
指導霊を答えているのです。

指導霊のことを、守護霊だと思い込み、断言してしまうのも、
いやはや、困ったものですね。wobbly

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

守護霊がいる次元

私の守護霊に、霊界の次元の区別を尋ねました。
私たちは、死ぬと霊界へ移行します。
現世での魂の向上の度合いで、異なる次元へいきます。
霊界の4次元は無くなりましたので、
5次元~7次元への移行となります。
ちなみに、漫画家の手塚治虫氏は、7次元へ移行しています。
(私の守護霊が教えてくれました)

本来の意味で守護霊がいる次元は、17次元~22次元だそうです。
ガイドは5次元~16次元となります。
ご先祖様は、霊界で、ある程度の修業を積まれますと、
より次元の高いところへ行くために、生まれ変わって、修行を積みます。

では、あなたの守護霊は、「ご先祖様です」と言われて、
どう思いますか?

通常は、そういった「ご先祖様」は単に3次元世界での修行が足りなくて
子孫の背後霊になっているだけだそうです。
本人と一緒に修行を積むために、ご先祖様が強く望んだケースもあるそうですが、
ご先祖の方が守護霊になってガイドの補佐をする霊も要るようですが、
それは稀か皆無に近いそうです。

ご先祖様が背後霊になっている人は、
見えない世界を信じていないか、
または、精神世界を拒絶したり、興味がない方だそうです。
そういう方が「あなたの守護霊はご先祖様です」と聞けば
見えない世界に少しは目を向けることができるでしょう。
だからスピリチュアルな世界に興味が薄い方にご先祖様がつくのが一般的です。

そういう意味で、殆どの守護霊は、ご先祖の方ではないそうです。

霊界のシステムを理解されている方が霊視するなら、
「守護霊は、ご先祖様です」とはお答えにならないでしょう。
そう答える”霊能者”は8次元以上が見えない方のようです。

霊界のシステムは、後日またhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

守護霊がご先祖様!?

守護霊は、ご先祖様です、と書かれているサイトを良く拝見します。
私が、今まで数多くの守護霊を視てきましたが、
今までに、守護霊がご先祖様のケースは、視たことがありませんので、
なぜなのかを、私の守護霊に尋ねました。

以下は、守護霊が答えてくれた内容です。

守護霊でも、色々なランクがある。
本人が、無責任で不真面目な者は、守護霊もそれなりの霊がつく。
ご先祖の方が守護霊になっている者は、
本人が、三次元世界での課題がたくさんあり、
守護霊となった先祖霊も、三次元世界での課題が、残っているからだ。
守護霊は、霊界で修行をするし、勉強もする。
また、三次元世界のことも、勉強をする。

まず、守護霊の役目は導きなのだが、
本人がこの導きに気づくことが必要なのだ。
簡単に、「守護霊からのメッセージを教えて」と、
他のものに聞くことは、言語道断であり、
守護霊を何たるかを、ぜんぜん理解していなのである。
守護霊からの導きを、感じるには、魂の向上が必要でる。
霊格が高い人には、守護霊のレベルも高くなる。
魂の向上を目指せば、守護霊もそれに答える。

あなたが視えている守護霊は霊格が高い守護霊となる。
反対に、守護霊が見えない場合は、
まだ、魂の向上が足りない人となる。
時々、エネルギー体と感じるときは、
魂の向上がされつつある者と判断してよい。

以上のことを、教えてくれました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

守護霊が武士!?

某サイトで、守護霊が武士なのはおかしくないですか?
人を殺めていて守護霊になるなんて、というような質問がありました。

私の守護霊は、元、武士なので尋ねることにしました。

私の守護霊(武士です)が言うには、

「私たちの魂は、時代時代で様々な経験、体験をします。
武士でも人を殺めるだけではありません。自分も殺められてしまうこともあるのです。
魂は、良いもそうでないことも全て、魂の向上として、カリキュラムにあります。
魂の向上の度合い、つまり霊格の度合いで、死後、異なる密度の世界(異なる次元)へ、
移行します。
守護霊は、望んでなれるものではありません。
神、三次元世界的な言葉ですが、つまり、全知全能のものから、
霊格が高い魂に、守護霊になるための、厳しい修業が課せられます。
この修業にパスをすると、院号が与えられるのです。
そして私は、この院号が与えられたのです。」

と、以上のような内容で、答えてくれました。

私の守護霊は、殺められて、死の直前に、
光が降りてきて、魂の真実を悟ったそうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

守護霊に激怒

ある方(Aさん)の相談を受けたのは、今から5年ほど前になります。

電話での相談内容は、息子さんが鬱傾向にある、ということでした。突然脳裏に、御札が視えました。

その御札は、仏壇の上にあるのが見えました。

Aさんに、そのことを尋ねたら、「確かに御札は仏壇の上にあります」と答えられました。

「その御札は仏壇の上に置いてはいけない」との直感がありましたので

「御札は、仏壇の上でなく、玄関から入った正面に置くように」伝えました。

「玄関に入って、目に付くように、玄関に入ってすぐの正面の上の方に置くように」。

私自身も、なぜ正面に置くのかは、その時は解りませんでしたが、今思うと、邪気が入ってこないように、

魔除けだったのでしょう。

===============

去年、レイキティチャ-の資格を取得し、霊感もますます強くなり、

5人の天使たちの協力を得ることもできるようになりました。

それからも色々勉強してハイヤーセルフから直接の助言も来るようになりました。

そんなある日、Aさんから再び相談を受けました。

息子さんの鬱がひどくなり、通院をしている、とのことでした。

それを聞いて、鬱について勉強をしました。

うつ病は心の病気と考えられていますが、厳密に言うと正しくない、とのこと。

うつ病の患者さんは、脳の中にある脳細胞の興奮を伝える神経物質のうち、

セロトニンとかノルアドレナニンが減少していることがわかってきている、とのことです。

セロトニンは、脳や消化管、血小板などに幅広く分布し、

ノルアドレナニンは、副腎でつくられる、と知りました。

そこで、ヒーリングする個所が判り、

Aさんの息子さんをレイキの遠隔操作で癒すことにしました。

ヒーリング個所は、頭と副腎がある場所の、第3チャクラを重点に行いました。

遠隔操作は、寝たきりの方や、動きのとれない方などにも、ヒーリングできるのでとても便利です。

とりあえず、5日間ほど遠隔操作をしました。

その間、息子さんの守護霊にも協力をお願いするにあたり、守護霊を呼びましたが、応答がありません。

そしてある日、「エンジェルの協力をお願いしなさい」と高次からのメッセージを受け、

すべての病気や怪我の対する癒しをする”聖女テレジア”に協力をお願いすると共に、

レイキのヒーリングを施しました。

息子さんの守護霊も呼びましたが、やはり応答はありません。

業を煮やした私は、彼の守護霊に、言いました。

「このままで良いの?何とかしなくて良いの?呼んでも現れないから、エンジェルに協力をお願いしたわよ」

そしたら、「自殺は止めています」と申し訳なさそうに、気弱に、やっと答えてくれました。

守護霊も一応協力していたのね、と安心しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

守護霊(3)

私は、自転車で通勤しています。
この日は晴れていてとても気持ちの良い朝でした。
しかし私は、家を出たのが遅くなり、慌てていて、猛スピードで自転車を漕いでいました。
信号のない十字路で、右方向から、影が近づいてきます。
その影もかなりのスピードで近づいてくるではありませんか。
私は、急ブレーキをかけました。すると、
目の前を、猛スピードの自転車が通りました。

私が急ブレーキをかけなければ、ぶつかってしまい、大怪我をしたでしょう。

驚きで、心臓がドキドキしていました。自転車を漕ぎ始め、
”ん?!何かが変”と感じました。

私は西に向かって自転車を漕いでいます。朝なので太陽は左にあります。
漕ぎながら、影を見ますが、影は私の右にあります。

右から来る自転車の影が、なぜ先に見えたのでしょう????

影を見せることにより、事故を未然に防いでくれたのは、守護霊だと思いました。

このように、ハッキリと助けていただいたのは、初めての経験でした。
自転車を漕ぎながら、心の中で、守護霊に”感謝!感謝!”と言いました。

*********

ある日、会社の同僚(女性)が車で出社してきたとき、守護霊ご同伴でした。
「守護霊が一緒に来ているけど、何かあった?」と聞いたところ、
その彼女「今朝、事故リそうになったのよ。何かわからないけど、信号のない交差点ですぐに出ないといけないと思い、
出たら、後ろの車が追突事故を起こしたのよ。もしすぐに交差点に出なければ私の車が追突されていたでしょう」
守護霊が助けたのでしょう。

また別のある日、会社の男性の方ですが、守護霊が側にいました。
その守護霊は、漫画”ヒカルの碁”に登場する、”佐為”の姿に似ていました。(佐為は、平安貴族)
「守護霊が来ているよ」と言ったところ、
彼「最近、ちょくちょく事故にあいそうになったりしてるよ、だけど大事に至ってないのだよ」
と、言っていました。
これもまた、守護霊が助けているのでしょう。

その守護霊は、和歌などの類は苦手なようでしたので(平安時代は、和歌が主流)
彼に「俳句とか、短歌は好きですか?」と尋ねたら、
「ぜんぜん」との答えが返ってきました。
納得です。(笑)(前にも書きましたように本人の趣向・趣味・食べ物・性格‥は守護霊似ます)

その日も仕事が始まりましたが、なぜか彼の守護霊は、私の側にいます。
私「和歌が苦手なら、当時の時代だと、ちょっと苦労したのね?」
守護霊「ちょっとどころではないよ」
私「えっ!?ごめんなさい、ちょっとではなく、だいぶ苦労したのね」
守護霊「うんうんうん」
とうなづいていました。
一般的な平安貴族は和歌などで楽しむのでしょうけれど、その守護霊は和歌が苦手なために、おそらく
非常に苦労されたようです。
それを解って欲しかったので、しばらく私の側にいたのでしょう。本人同様に楽しい守護霊でした。
しばらく、私の仕事を眺めていましたが、自然に離れていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

守護霊(2)

私は小さい時から、なんとなく側に、誰かがいる気配は感じていました。

以前より、私の守護霊は「男性で年齢は32~33歳」と解っていましたが、
それ以上のことは判りませんでした。

その後、偶然のご縁でプロの霊能者の方と巡り合う機会があり、見ていただきました。
すると「鎧を着ている男性で、年の頃は、32,3歳の方があなたの守護霊です」と言われ、
”やはり”と確信しました。

今から考えると残念だったのは「どんな鎧なのですか」と質問しなかったことです。
鎧のイメージがあればその鎧の使われていた地域や時代が判ったのに・・・
(実は他人の守護霊は見えても自分の守護霊は見えません。霊の世界の仕組みはそのようになっているのでしょう)

それでも何となく、自分の守護霊はヨーロッパの中世の騎士のような気がしています。
なぜなら、現世の私は中世のヨーロッパが非常に懐かしく感じられ、当時の絵画や建物を見て、ホッとするような感覚にとらわれることが多いからです。

前のメッセージで「性格や嗜好は守護霊の影響を受けるようです」と述べましたが、自分についてもそう感じることが多々あります。

たとえば・・・・
ある時、車を運転していました。助手席に友人がいました。
その時、「良い意味であなたの運転は男性のようよ」と言われました。
別の時は、職場の男性と仕事のことで長時間話していると「あなたとずっと話していると男性を相手にしているようだ」と告げられました。
これも守護霊が男性であることの影響なのでしょう。

別の時、
友人の守護霊を呼んだことがありました。
その時呼んだ守護霊は二人だったのです。
一人目は中国の鐘馗(ショウキ--魔を除き厄病を追い払うという神。五月人形にある)様のような霊が
出てきて忙しく動き回っていました。
その鐘馗様のような守護霊が「どうして呼んだのだ。今は忙しいのだぞ」と去っていってしまいましたが、
その動きが友人とそっくりなので、思わず笑ってしまいました。
二人目は
服装が優しい感じのロングドレスの女性が現れました。
彼女は水彩画を携えていました。霊曰く
「私は水彩画を選び、彼女は水墨画」
趣味も似るようです。
その霊が消える前の私に彼女(霊)の水彩画を見せてくれました。
今でもはっきり覚えています。

イメージだけでも彼女に伝えたく思い、スケッチをして見せてみてのですが、絵心のない私はうまく伝えることができませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧