波動

風水と家相

先日、鑑定した物件は、タワーマンションでした。

一つ手前の駅から歩いて行きました。
近づくにつれ、頭が痛くなってきました。


ここは、人が住んではいけない土地だと思われます。
物件の傍には、処刑場跡地、引込み線、川など、
マイナス要素が多々ありました。
川は、流れの方向や形で、マイナスのエネルギーが強く働きます。

鑑定した物件は、マイナスが強く働いてしまう位置にありました。
感じやすい人は、いられなくなり、引越しそしてしまうでしょう。
確認をしましたら、引越しが多いとのことでした。
依頼された方は、
お子様と奥様に、症状が現れていました。
室内に入り、電磁波を調べました。

電磁波は、携帯ラジオで音として認識できます。
私は、ダウジングを受講のとき、先生から教わりました。

電磁波、DNAを損傷するそうです。
書籍「携帯電話と脳腫瘍の関係 ついに科学があきらかにした」
これを読むと、お子様に被害が多い原因が解ります。
お子様の机からは、電磁波が強くありました。
座っただけで、被爆する可能性があります。
また、部屋中、電磁波が感知されました。
扇風機は、稼動していないのに、羽のモーターの部分、
スイッチの部分。
コンセントを抜いたら、音は、小さいくなりました。
TVは、当然、音が酷かったです。
TVの前にあるソファーのしたから、電磁波は発せられていました。
なんと、ソファーの下には、電源コードが通っていました。
ソファーに座っただけで、被爆してしまいます。

マンションの場合は、壁内には、配線があります。
戸建て違い、天井や床にもある場合があります。

鑑定をした室内は、小さな照明が一直線に、5個ほど配置されていました。
見た目は、大変おしゃれですが、照明の下に立ちましたら、
かなりの電磁波が放出されていました。

現代は、電磁波は避けられません。
ですので、必要最小限に抑えることなのです。

この物件は、気にも問題がありましたので、
気に流れを調べ、天然水晶での対処を施しました。

風水は部屋の風水が有名なのですが、
本来は土地やその周りの環境をみてから家や部屋の細部を見るのものです。
土地やその周辺環境は部屋の風水より強い影響をあたえるため、
そこに住む人の運気にも直接的に影響をあたえます。

当サロンでは、ダウジング中級コース
「風水と家相」で、対処の仕方なども学べます。


お問い合わせ・お申し込み

izd00076@nifty.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ジオパシックストレスとハルトマンネット

ジオパシックストレスは人工的な電磁波と違って微細なエネルギーであるために、
一般的な測定器では検出ができません。

電磁波ははっきりと数字が測定できるので、
より細かく科学的に分析が可能ですが、
自然に存在するのジオパシックストレスについては、
ダウジング、キネシオロジーやオーリングテスト波動測定器などを使用して
調べることになります。

それでも、病気にかかった方などを徹底的に調べると、
大半の方から何らかのジオパシックストレスが検出されている場合が多いのです。
しかしながら、ジオパシックストレスの影響は慢性的ですぐに表面化するものではなく、
その存在が非常にわかりにくいものです。

波動少しずつ体を弱らせていくために、
結果として幸福感や精神的・肉体的な充実感を得るのが難しいなどの症状が表れます。
では、ジオパシックストレスの影響を取り除くにはどうしたらよいのでしょうか?
影響下のままでは、様々な治療を繰り返しても効果が上がらないケースが多いのです。
対処法としてよく使われるのは、埋炭や専門の対策製品をベッドや布団の下、
または事務所などに置くという方法があります。

ジオパシックストレスの影響を受けるとガンになる確率が高いだけではなく、
数多くの症状が出ると言われています。

肩こり、腰痛、不眠症、アレルギー、うつ症状、精神疾患、ダウン症、
不妊症、流産、偏頭痛、免疫低下、喘息など
(※これらは例にすぎません、他にも症例はあります)

ドイツの医師、エルンスト・ハルトマン博士は、
水のダウジングだったとハルトマンネットとして知られるようになったものを発見。

エネルギーライン(Krankheit ALS Standortproblem Bdの1 + Bdの2)の有害な影響に関する
2冊の本を出版。ハルトマン博士は、現象を研究して数十年を過ごした。 彼は人々が働いていたり、地球エネルギーの経絡上に眠っていた場合、心臓発作、不眠症、慢性喘息、片頭痛、背中の痛みやがんに苦しむことがわかった。

彼は、ベッドを移動したときに、常に乱れて泣いてた赤ちゃんは、
すぐに落ち着くことを発見した。

さらに彼は、北/南に寝て、東/西ラインは炎症にそれらが発生しやすいラインで、
けいれんやリウマチになりやすい人々を作ったことがわかった。

しかし、最も注目すべきは、彼はすべて2本のハルトマン線が交差している場所での、
すべての胃がんで死亡していた同じ家に同じベッドで眠った家族の三世代を紹介した。
1953年以降、エルンスト・ハルトマン博士は医学的な見地から、
彼の経験を記録し、原因不明の病気と地球放射の発生率との間の関係を発表した。

マイナスポイントで寝ていますと、
3年後には、癌になると言われています。

ダウジング講座 中級コース
「風水と家相」で測定法や対処法などを学びます。

お問い合わせ・お申し込み

izd00076@nifty.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

我が家の波動

8月の中旬ごろ、
風水を勉強されている生徒さんが、
レイキセカンド伝授後、お帰りになるとき、
「こから、庭にかけて、パワーを感じます」と言っていました。

その場所は、柳と向い側には、白いバラがあり、
柳のある位置から、バラの木がる場所を結んだ線の近くには、
煉瓦が埋めてあります。
まるで、結界を張るように。
その生徒さんが示した位置が、ちょうど煉瓦が埋もれている位置なのです。
煉瓦は埋もれていて、見えなくなっています。
その生徒さんは、気を強く感じる方なので、
我が家の気の違いも、感じられていたようです。
また、受講中に、この部屋の波動が、かなり高いですねとも、
言っていました。
その理由は、たぶん、1週間前に、
水晶ポイントを10本ほど購入し、全部、その部屋に置いているので、
高波動となったようです。
この、水晶ポイントは、
「クリスタルヒーリング講座 プロフェッショナル講座」と
「風水と家相」の講座で、ツールとして使用するために買い求めたものです。
(講座受講でない方にもお譲りすることはできます。)
当サロンに起こしいただいときにでも、お目に留まれば幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

清正井

御朱印を集めるようになって約4年になりす。
御朱印帳も5~6冊、100以上の御朱印が集まりました。

今回は、
明治神宮→亀戸天神→牛島神社(墨田公園内)→
待乳山聖天→浅草神社→浅草寺
に行ってきました。

さて、明治神宮御苑の中にありますパワースポットとしても有名な、
「清正井」に行ってきました。

明治神宮は、小さい頃から参拝に来ています。
冬は、側にスケートリンクがありますので、滑った後はかならずお参りをしていました。

鳥居を通りますと、波動ががらり変わります。
このポジションが、一番強いように感じます。

「清正井」は、一時は5時間待ちというブームまでなりました。
私が行ったときは、入り口には誰もいませんでした。

しばらく歩きましたら、初老の男性が、野鳥の鳥に餌をあげていました。
餌は、ミックスナッツです。
ナッツを手の平に乗せて、鳥が止まりナッツを食べています。
くわえるとすぐに飛び立ってしまう鳥もいますが、
中には手に止まったままナッツを食べる鳥もいました。。
その方に鳥の種類を尋ねましたら「ヤマガラだよ」と答えてくれました。
この時期は餌がないから、与えに来ているそうです。

なごんだ気持ちで、菖蒲田を通り抜け、
やっと「清正井」に着きました。

10人ほど並んでいて、周りの波動を感じましたが、
どこがパワースポットなの?という波動です。
どちらかと言うと、ダークスポットに近いような…。

いよいよ私の番で、「清正井」にたたずみました。
水はとても透き通っていて、今までに見たことがない透明度で、
不純物がない水といった感じです。
ですが、周りの波動が良くないのです。
とりあえず、写真を2枚ほど撮り、後でゆっくり波動を感じることにしました。

2年ほど前に行った人が写した写真には、数多くの顔が写っていました。
それは、訪れた人たちがおいていった我欲やエゴ、そして邪気などを、
浄化している写真でした。

このままでは、浄化のパワーが失ってしまうのではと、
心配になりました。

昨年見た写真では、「清正井」の中に顔が写っていました。
これは、すでに浄化のパワーがなくなったのではと感じました。

私が写した写真は?

2枚とも、頭が痛くなりました。
波動としては、パワースポットではないようです。

ですが、これは、ブームに乗って、
我欲が強すぎる願い事などを唱えられた影響なのでしょう。

人が多く訪れる神社仏閣の波動が粗くなってきているのと同じなのです。
波動が良かったら、写真をこのブログにアップする予定でしたが、
とても残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

痛みを感じる波動

4月28日(水)

私は、波動を感じやすい体質なのですが、
ヒーラーになってからは、益々感じやすくなりました。

様々な波動を感じるなかで、
例えば、人間から発する波動ですが、
すれ違っただけでも、「あっ!この人は、腰に痛みがある」とかを感じます。
感じるといううよりも、私も痛みがおこるのです。weep

痛みを感じるので、ヒーリングができるのですが…。

今朝、会社に出社して、腰が重だるい感じになりました。
すれ違った人は3人。

腰に痛みのある人は2ほどいまして、
痛みを強く感じた日は、ヒーリングをしていますが、
今回の痛みは、違っていました。
痛いというよりも、重だるいのです。

足に炎症があるのか、昨日、足を引きずっている方がいましたので、
気になり、足はどうかしたのと聞きました。
その人は、朝起きたら痛くて歩くのも辛いし、
原因がわからないというのです。

とりあえず、その人の痛みのある足首に手を当てました。
すると、腰が重だるい感じになりました。

腰は大丈夫ですかと尋ねたら、
以前、車で後ろから当てられ、2度ほどむちうちで、
腰を痛めたと言うのです。
「犯人は、おまえか!」の心境でした。

直ぐ、腰に手を当てました。
3分ほど行ったでしょうか、その人は、足の痛みと、腰が軽くなっと言いました。
足首の痛みは、結果であり、原因は腰ですよとアドバイスをしました。

私の腰の不快感が和らぎましたので、
その人の腰も和らぎ、痛みが治まったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

波動をあげるⅣ

波動を上げるには、自分の意思が関係していると理解されたと思います。
今回は地球規模で、波動のお話をしたいと思います。
ある統計学者が、犯罪・異常気象などを調べています。
その結果は、周期が4年毎で、しかもオリンピックの年に多発している、との報告が出ています。
人種差別の競技と言う人もいます。なぜなら水泳の選手に黒人はいません。
某国が、同じ水で泳ぐのは嫌だとの発言があるとのことです。
またある国では、体調不調で棄権した選手に、「非国民」言われた選手もいました。
メダルの取得で金以外は、悔しさの想念が発生します。
地球規模で負のエネルギーが発生します。
そして臨界点まできたらどうなるのでしょう?
「百匹目の猿」現象と同じなのでは?と統計学者は説明しています。

「百匹目の猿」については、エネルギーや波動の本などで、時々登場してきますので、
ここでは説明しません。

参考URL

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BE%E5%8C%B9%E7%9B%AE%E3%81%AE%E7%8C%BF%E7%8F%BE%E8%B1%A1

一人一人の人間やグループのもつエネルギーレベルの測定を、
29年間研究し測定した博士がいます。
名前は、デヴィッド・ホーキンズ博士です。
人類のおよそ87%は低エネルギーの状態にあるとの結果をだしています。
一般的に低エネルギーをもつ人は、真実か否かの区別がつかない。
目に見える、見かけの世界でしか生きていません。
低エネルギーの世界は、怒り・怖れ・嘆き・無気力・罪悪感・憎しみ・他者への非難・恥の感情、
などといった世界です。
博士は理論的に編み出した検証法により、低レベルの場に位置する人の割合を算出しました。
自らの波動レベルを上げて、全ての源、すなわち意志の力と一致することが重要であり、
そのことを一人一人が意識することが大切だと、ホーキンズ博士は述べています。

なぜ波動を上げる必要があるのか?
すべて地球のアセンションに向けてなのです。

ここで、ちょっと面白いことを書きます。
テレンス・マッケナの「タイムウェーブ・ゼロ理論」で、
時間の加速化の臨界点として、2012年12月21日の冬至の日を、
人類がこれまでに体験したことのないような変革が起きるターニング・ポイントだと唱えています。
そしてマヤ暦の終わりが2012年12月22日。
地球アセンションに向けて、登場したのが「フォトンベルト」です。
地球人口六十数億に対して、アセンションできる人は、3億~6億と言われています。

ホーキンズ博士がだした数字で、低エネルギーに属する人は、
87%。
つまり、高エネルギーに属する人は、13%となります。
六十数億に対しての13%は?
私は、この数字はアセンションできる人の数と対比して偶然だとはとても思えません。

書店に行けば、精神世界の本がだいぶ増えました。
私たちは「気づき」が必要なのです。

ある国では、すずめが絶滅状態です。
太陽系では異変が発見され発表されています。

このブログを読まれている方も、自分の周りで、異変はありませんか?
肌で感じたこと、何でも良いのです。
感じたときの日付、時間などノートに書きとめておくと良いでしょう。
地球のどこかでの異変を、あなたが感じ取っているかもしれません。

さて、波動を上げるには、チャクラがとても重要なカギになると私は感じます。
次回は、チャクラについて書く予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

波動を上げるⅢ

波動を上げるⅠ、Ⅱと書いてますが、既に実践された方もいらっしゃるのではないでしょうか。
「波動を上げる」を読まれて理解された方もおられるようです。
自分が発する波動は、想念、感情、意識がかなり左右します。
人間だれでも、大なり小なり「エゴ」はあります。
この「エゴ」を無くすことにより、波動が上がっていきます。
そして自分自身の「エゴ」に気づくことです。

「思いどうりに生きる人の引き寄せの法則」ウエイン・W・ダイアー:著、ダイヤモンド社
この本の中に、エゴは六つの基本要素で構成されていて、この六つのエゴの特徴が書かれています。
そして、エゴの支配を破る七つの方法の記載がありますので、項目だけ抜粋します。

1.屈辱された、と思うのはやめましょう。
2.勝たねばならない、という思いは捨てましょう。
3.正しくなければならない、という思いから解放されましょう。
4.人より上でなかればならない、という思いから解放されましょう。
5.もっと欲しい、という思いから解放されましょう。
6.過去に達成したこと、過去の業績で自分を判断しないこと。
7.世間の評判から解放されましょう。

以上の七つです。あなたはこれらの「エゴ」に支配されていませんか?

波動が上がれば、感性が磨かれます。直感なども感知しやすくなります。
つまり、波動に敏感になるのです。
低波動を感知したらどうなるか?
TV、インターネット、雑踏の中、否定的な言葉や人の悪口、ネガティブな出来事、悪霊などの話題、心霊スポット。
これらの低波動を感知しますと、頭がいたくなったり、気持ちが悪くなったりします。

このような症状が出た場合、TV、インターネット、は切断できます。心霊スポットなどは絶対に行かない。
行くのでしたら、パワースポットにしてくださいね。
問題は、雑踏の中、否定的な言葉や人の悪口、ネガティブな出来事などです。
雑踏の中は、意識を高い波動に繋がっていると思ってください。
なるべく低波動に接することを少なくします。
低波動を呼ばない。(悪霊、暗い事件、事故の話はしない)
低波動つくらない(悪口、怒り、非難、攻撃など)
これらのことを実践することにより、あなたの波動はプラスの波動となっていくことでしょう。

低波動を受けて、頭が痛くなったり、気持ち悪くなったりを感じる方は、波動が上がっていると認識してください。
そして、高次に繋がり始めたのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

波動を上げるⅡ

前回(波動をあげるⅠ)では、言葉(言霊)について、すぐに実行できる内容でしたが、
今回はよりステップを向上させるためのヒントをご紹介します。

なぜプラス思考にした方が良いのか、なぜポジティブにした方が良いのか?

書店では「引き寄せの法則」のタイトルが沢山あります。
これら内容は全て”波動”が関わっています。
「良いも悪いも全て、自らの波動が引き寄せてしまう」と。
どうせ引き寄せるのであれば、良い方がいいに決まってます。

では、どうすれば良いか?
妨げとなる低レベル波動を除去することから始めましょう。

あなたの波動は、プラスの波動なのか、マイナスの波動なのか。
どちらを発しているかを知るには?……

今のあなたの状況はどうですか?
あなたが発している波動が反映しているのです。

私たちは、肉体的な物質のみで生きているのではありません。
思い出や希望などの思考、喜びや悲しみなどの感情もあります。これらは物質ではありません。
では何でしょう?
思考や感情はある意味で、物質的ではない波動です。
そして、波動は、あなたの肉体や環境に影響します。
波動はそれぞれの周波数で段階があります。
これを、「思い通りに生きる人の引き寄せの法則」の本の中でウエイン・W・ダイアーさんが分けています。

*レベル1 物質世界
*レベル2 音波の世界
*レベル3 光の世界
*レベル4 思考の世界
*レベル5 精神的スピリチュアルな世界

あなたは、どのレベルに属していましたか?

まず食物です。科学物質や農薬などが使用された食物は、たとえ添加物に気づかなくても、あなたを弱めます。
見分け方は食後です。
疲れたり、だるくなったりするなら、低波動の食品を食べたと思って間違いなようです。

次に音楽の波動に注意です。
大音量で同じフレーズばかり繰り返す、粗暴で攻撃的な音楽波動は、エネルギーレベルを低下させます。
憎しみ、痛み、苦悩、恐れなどの歌詞は、エネルギーを弱め、同じ波動のものを引き寄せてしまいます。

我が家はよく音楽を聴きます。もちろん波動が良いものを選んでいます。
窓際に置いてある観葉植物が、音楽がお気に入りのようで、しばらくして
気がつくと、スピーカーの方へ向いているのです。
最初判らなかったので、「どうして曲がっているのか」と思い反対に向けたのです。
次の日、また逆に曲がってスピーカーに向いていました。
ですので、幹がくねくね曲がってしまいました。
成長も早い気がします。

このように植物にも波動はあります。声をかけると良いですよ。
私は庭の植物にも水をあげながら声をかけています。
あるサイトで、同じ植物に別の音楽を聴かせた実験がありました。クラシックとヘビメタです。
クラシックを聴かせた植物は、スピーカーにまとわりつくよう伸びて、
ヘビメタの方は、嫌がるように反対方向へ伸びたそうです。
植物でさえも、波動が解るようです。

低い波動を発するテレビ番組との接触を減らしましょう。
我が家は、殆どテレビは見ません。マイナス波動を発しているものが多いからです。
朝は、天気予報とニュース。夜も天気予報。旅行番組やマイナス波動のないドキュメントなどのみです。

良い波動を受け取れるものとして写真の波動を利用しましょう。
写真にも高波動を発しているものがあります。
美しい自然、動物、子供、などホッとできるものになるべく触れる時間を増やしてください。

知人・友人・親族などの波動のレベルに注意しましょう。
高レベルの精神性をもつ人の波動の場に入ることで、波動レベルは高められます。
そして、高波動をもつ人のそばにいましょう。付き合いましょう。
低波動を消去して高波動へと変化します。
人が集まる場所も注意が必要です。
低波動が集まる場所では、レベルの波動を引き上げるのを止め、低い波動に引き降ろそうとします。
精神性を高める場へどんどん参加しましょう。

居住環境の波動も関係します。
家に置かれている家具や本、雑誌まで全てにおいて、そこの住人に影響し続けます。
ヒーリングという仕事がら、家の気が変わり影響が出た方もいらっしゃいましたので、依頼により浄化などもしています。
家の場合は、長い年月により、じわじわと症状がでます。
霊的な場合は、比較的直ぐに症状が出ますので、判りやすいです。
波動の低いものが家の中にありませんか?
マイナスの思い出を形作っている家具、マイナス波動の記事の書籍などです。
置いていてもこれからのあなたのプラスの人生に役立たないそれらは処分しましょう。

さあ!早速行動してみましょう。
波動が上がるのが楽しみです。
次回は、波動が上がったらどのような変化が生じるか?をご紹介したいと思います。

==========続く===========

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

波動を上げるⅠ

自分自身の波動を上げる。
簡単な様ですが、そう簡単ではありません。
波動を上げるには?
①否定的な言葉は使わない。
②プラス思考にする。(ポジティブ)

さて、否定的な言葉とは何でしょう?
頭では判っていても、実際、会話など知らず知らず使っています。
よく使われるのが、
「だめ」「でも」「悪い」「ばか・馬鹿」

「ばか・馬鹿」がなぜ、否定的なの?と思われた方もいると思います。
「ばか」は差別語なのです。
辞書に差別語とは、載っていません。
「ばか」は、知的障害者に対する言葉です。
「ばか」は、普通に使っていませんか?
他にもあります。
気違い 気狂い 気違いに刃物 
あほ 低能 白痴

参考URLです。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/gender/journal/no7/03_paku.html

私たちは知らず知らず、差別語など、使ってしまいがちです。
とくに「ばか」です。聞いたり、文章でも、よく見かけます。
差別語を使わないように心がけるだけでも、あなたの波動は変わってきます。

あなたの周りを見てください。
差別語を使う人と、そうでない人の違いを、何かが違うと感じるでしょう。

差別語に関してはこのくらいにして、否定的な言葉についてです。

否定的な言葉を使わない、これは、かなり意識しないといけません。
「だめ」や「悪い」は、「良くない」と言い換えます。
母親が子供に「だめでしょ」と言います。
つい「だめ」を連呼してしまいます。
私も、子供にうっかりと言ってしまいす。言って気が付いたら、直ぐに言い換えましょう。
「それは、良くないのよ」と。

「つかれた」
漢字にすると、"疲れた””付かれた””憑かれた””突かれた”etc…
言霊は、漢字は認識しません。
発せられた言葉なのです。
「つかれた」=憑かれた、になるのです。
ですので、「疲れた」は「くたびれた」に言い直すと良いと聞いています。

そのほかに、日常の生活では「ありがとう」です。
最近,巷では、「ありがとう」関係の本が目につきます。
我家にも、2冊ほどあります。

著者は同じ、野坂 礼子
「ありがとう」で願いがかなう 不思議なはなし 三学出版
「人間、生きているだけでありがとう」の魔法 マキノ出版

自分自身の波動を上げるは、日常生活で、出来ることからやります。
そう簡単に波動は上がりませんが、毎日行うことで、自然と波動は上がってきます。

徐々に上がってきている波動を認識するのは難しいでしょうが、
確実に波動は上がります。

私が好きな格言です。

気づきがあれば、考えが変わる
考えが変われば、行動が変わる
行動が変われば、習慣が変わる
習慣が変われば、人格が変わる
人格が変われば、運命が変わる
                   J.ルソー

  ---続く---

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

波動2

私が「波動」という言葉を聞いたのは、今から21年前のことです。
人間や動植物をはじめ、この世に存在するものの全てには波動があるのです。
物理学でも全ての物質は特定の周波数で振動していることが証明されています。(「波動」という言葉ではありませんが。)

波動が医療の現場にも取り入れられはじめた、と「未来波動学:棟方興起著」という本に書かれています。
また、別の本では、医療の一環として、「笑い」を取り入れているそうです。
なぜなら、よく笑う人は、良い波動が関係して回復が早いそうです。プラス波動を呼び起こしているのですね。

上記「未来波動学」の本の中で、霊についても波動で説明していることは、とても参考になります。
著者の棟方 興起さんは、霊感があるわけではないそうですが波動をスキャンすると、しばしば霊とか魂に出会うから、と書いています。

いわゆる”霊感がある人”は、波動を感じやすい体質なのだ、と私は思います。
ただ、その波動が良い波動なのか、そうでないのか、これが私の心配です。
霊は、その人の波動に同調します。
良くない波動であれば、それなりの霊がきます。俗にいう、低級霊です。
そういう方がヒーラーになってしまいますと、ヒーリー(受ける人)は大変です。
まして、ヒーラーの念まで入れられてしまうと、ヒーリングどころではありません。
かならず、心身に支障をきたします。

養成機関などで”ヒーラーは、誰でもなれます”と簡単に案内しています。
ヒーラーの資格は沢山あります。ヒーラーの中には、これでもか、というくらい、資格を沢山アピールしている方もいます。
資格をどれだけ持っているかどうか、で判断基準にされる方は、ヒーラーの選択の際に安心されるかもしれません。
しかし、資格に関わりなく根本的なヒーリングは同じなのです。高次のエネルギーに繋がることなのです。

私もレイキ=ティーチャーに加えて”クリスタル・ヒーリング”の資格を取ろうと考えたこともありました。
けれど、そう思った時に私のハイヤーセルフが来て(初めて、直接、声・姿を体験しました)
「必要ありません。今の力で十分です。」と告げられました。

要は、レクチャーを受けるかどうかでなく、現在にいる精神的レベルの問題なのだ、と思いました。
まだ私は、未熟ですが、去年より今年、昨日より今日と、
徐々に、力が付いてきているのだと、実感しています。

私の力だけでなく、色々な霊たちの力に助けられてのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧