« 2017年6月 | トップページ

2017年7月

梅雨が明け、連日30度を越す本格的な夏が、
訪れましたがいかがお過ごしでしょう。

8月のセミナー・イベントのご案内です。

1.フラワーオブライフ塗り絵
◆開催日時 8月19日(土)13:30~
 場所:日野市多摩平の森「ふれあい館」
 参加費:¥1,000

※持ち物:色鉛筆
お持ちでない方は、お申し出くだされば、
当サロンでご用意します。

作品例

Img_20170508_071544_20170508221327
2.スピリチュアル勉強会
◆開催日時 8月26日(土)14:00~
 場所:当サロン
 参加費:¥2,000
※内容予定
児童文学のスピリチュアル性
カラーリングセラピー
その他
3.癒しの塗り絵
◆開催日時 8月20日(日)13:00~
 場所:当サロン
 参加費:1,000
※色鉛筆をお持ちでない方は、
水性、油性、100色以上の色鉛筆をご用意していますので、
色彩豊かにカラーリングができます。
作品例は、「癒しの塗り絵 8月」をご覧ください。

お問い合わせ・お申し込み

izd00076@nifty.com
お申し込みの方は、タイトルに希望イベント入力でお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

癒しのぬり絵 8月

塗り絵は、脳の活性化とストレスを解消すると言われています。

脳は、大きく、大脳、小脳、脳幹の3つに分けられ、
さらに、大脳は、前頭葉、頭頂葉、側頭葉、後頭葉の、
4つの領域に分けられます。
ぬり絵をすることで、大脳の4つの領域が、
塗り絵をすることで、活性化されるのです。

前頭葉:どのように塗るか(色や濃淡など、プランを練り、指令を出す。)
頭頂葉:どこに何が描かれているのか、絵の構図を把握し覚える。
側頭葉:過去の経験から色の参考がないか、保存された記憶をたどる。
後頭葉:塗り絵を見て、どういう絵なのかを認識する。

ストレスを解消するには、「休養」・「娯楽的な楽しみ」・「くつろぎ」
の3つが重要と言われていて、塗り絵を塗ることで、
この全てが当てはまるそうです。

ぼかしや濃淡をつけるなど、テクニックを使うほど、
脳は集中して、リラックス効果も高まります。
当サロンでは、毎週第三日曜日、「癒しの塗り絵」を開催しています。

開催日時:8月20日(日)13:00~

料金:1,000


お問い合わせ・お申し込み
izd00076@nifty.com


作品例

Img_20170710_145129_20170710150241
N8
Img_20170722_142733_20170722143238
Img_20170722_142754_20170722143224
Img_20170722_142807_20170722143142
Img_20170722_142821_20170722143128




| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

心理学検定

昨年の心理学検定で、夫は1級、私は2級に合格しています。

今年も、8月20日(日)に、心理学検定があります。
既にお申し込み受付は、終了していますが、
今年挑戦する生徒さんもいるのではと思います。

興味ある方は、是非、受験をお勧めします。

カウンセラーの方や知識として勉強されたい方、
占い系などでも、必要な知識だと思います。

私は、最初に民間資格で取得していますが、
民間資格は、買うようなものなので、
こちらの資格の方が、価値はあると思います。

http://www.jupaken.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

大人の発達障害

先日、書籍「ちゃんと知りたい 大人の発達障害がわかる本」
を、買いました。

読み進めていきますと、知り合いが、どうやら、
「大人発達障害」の可能性があるのではと思いました。

大人の発達障害とは、大人になるまで発達障害に気付かず、
大人になってから診断を受けたり、自覚したりするケースを言います。

大人の発達障害とは、子供の頃は障害に気が付かず、
大人になって初めて発達障害と診断されることです。

発達障害とは、自閉症、広汎性発達障害、注意欠如・多動性障害ADHD、
学習障害LD、アスペルガー症候群などの総称で、
行動、コミュニケーション、社会への適応の障害です。

発達障害は生まれつきの障害なので、大人になって障害になることはありません。
大人の発達障害とは、大人になるまで気が付かなかった発達障害のことをいいます。
最近「大人の発達障害」という言葉が聞かれるようになりました。

成人してから発達障害であると診断されるもので、
子どもの発達障害に比べて専門の医療機関も少なく、
未開拓の分野といえます。

自覚症状があまりなく、見過ごされてしまうケースも少なくありませんが、
できるだけ早く気づくことが大切です。

◆大人の発達障害とは?

発達障害は、生まれき脳の機能の一部に障害があるために生じます。
いくつかのタイプがあり、自閉症、アスペルガー症候群、注意欠如・多動性障害(ADHD)、
学習障害などが代表的です。
なかでも成人が発達障害と診断される場合を、「大人の発達障害」といいます。
これまで発達障害の研究や治療は、幼児や小中学生に重点が置かれていました。
しかし、近年では、大人の発達障害も増加する傾向にあります。
大人になるまで発達障害が見過ごされる理由としては、
学業においてむしろ優秀であったり、問題が表面化しないように自ら努力するなどして、
本人も周囲も発達障害であると気づかないことがあげられます。

◆大人の発達障害の症状とは?

発達障害をもつ人は、コミュニケーションをとったり、
良好な人間関係を築くことが苦手です。
また、思いつきで行動しやすく、うっかりミスが多い場合もあります。
そのため、就職してから対人関係がうまくいかなくなったり、
仕事のミスが続いたりすることに悩み、問題が表面化するケースが多く見られます。
不安症状やうつ症状を合併することもあります。
代表的な症状として、以下のものが挙げられます。

・周囲とのコミュニケーションがうまくいかない
・その場の雰囲気が読めない
・忘れ物やミスが多い
・仕事や家事の段取りが悪い
・衝動的に行動してしまう
・書類や机の整理ができない
・時間や期限が守れない
・約束や用事をよく忘れてしまう
・落ち着きがなくそわそわしている
・発達障害の場合、「ときどき」ではなく「いつも」こうした問題が起きており、
・そのために日常生活に支障が出ています。
・発達障害は生まれながらの特徴ですので、こうした問題が、
・大人になってからではなく、幼少期からずっと続いていることが特徴です。

◆なぜ子供の頃に、発達障害が発見されなかったのか?

発達障害の人の中には、知的な遅れがなく、中には勉強の成績が優秀な人もいます。
勉強の成績が悪くないと、子供の頃に発達障害に気づかれません。
そのため、ちょっと変わってる子と思われるだけで、高校、大学と進学して就職し、
社会生活を始める人が多いのです。

知り合いは、埼玉大学卒業

◆なぜ発達障害に、大人になって気づくのか?

小さい頃は、一人で好きなことができます。
大人になると複雑な人間関係の中で、社会生活を送らなければいけません。
そこで小さい頃に気付かなかった発達障害に気づくことが多いのです。

女性の場合は、結婚して家事や育児をするなかで、発達障害に気がつく場合もあります。
小さい頃は親から保護され、小学校の学校生活では、
担任の先生がクラス全体が良好な人間関係になるように管理しています。

中学校や高校では、思春期になり、それぞれの個性が成長し、
異性への感情が芽生え始めたり、
学校の先生が生徒の人間関係を管理することができなくなります。

いじめなどの問題が発生し、人間関係も複雑になってきます。

大学生になると、高校までの学校生活と違い、自由になんでもできるようになります。

自由に人間関係も選ぶことができるので、
気に入った仲間だけで行動することもできますし、
他人と関わらず一人だけで何でもすることもできてしまいます。

自分では職場の人間関係を選ぶことができずに、
周囲の人とうまく付き合いながら、忙しい仕事をやらなければなりません。

学校で勉強の成績が良かった人でも、人間関係がうまくいかないこともあります。
小さい頃は一人で好きなことをして過ごしていれば、時間が過ぎていきます。

成長して年齢と共に、複雑な人間関係と社会生活の中で、
生きにくさを感じるようになり、発達障害に初めて気付くのが、
大人の発達障害なのです。

◆大人の発達障害の特徴

・キレやすい。
・人との会話が苦手。
・空気が読めない。
・落ち着きがない。
・思ったことを何でも言う。
・人づきあいが苦手。
・片付け整理整頓ができない。
・集団行動ができない。
・お金の管理ができない。
・忘れ物が多く、物を失くす。
・こだわりが強くマニアック。
・変化が嫌い。
・融通がきかない。
・計画性がない。
・遅刻が多い。
・感覚が偏っている。偏食。
・極端に不器用、運動が苦手。
・集中力がない。

◆発達障害の主な治療法

・心理教育
・心理療法(カウンセリング)
・薬物療法
・環境調整
・自助グループへの参加

以上ですが、参考になれば幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

癒しの塗り絵

塗り絵は、脳の活性化とストレスを解消すると言われています。

脳は、大きく、大脳、小脳、脳幹の3つに分けられ、
さらに、大脳は、前頭葉、頭頂葉、側頭葉、後頭葉の、
4つの領域に分けられます。
ぬり絵をすることで、大脳の4つの領域が、
塗り絵をすることで、活性化されるのです。

前頭葉:どのように塗るか(色や濃淡など、プランを練り、指令を出す。)

頭頂葉:どこに何が描かれているのか、絵の構図を把握し覚える。

側頭葉:過去の経験から色の参考がないか、保存された記憶をたどる。

後頭葉:塗り絵を見て、どういう絵なのかを認識する。

ストレスを解消するには、「休養」・「娯楽的な楽しみ」・「くつろぎ」
の3つが重要と言われていて、塗り絵を塗ることで、
この全てが当てはまるそうです。

ぼかしや濃淡をつけるなど、テクニックを使うほど、
脳は集中して、リラックス効果も高まります。

当サロンでは、毎週第三日曜日、「癒しの塗り絵」を開催しています。

開催日時:8月20日(日)13:00~

料金:1,000

3回コース 7月~9月 ¥3,000 ⇒ ¥2,800

6回コース 7月~12月 ¥6,000 ⇒ ¥5,500

コースは、毎月、第三日曜日 13:00~16:00
(振り替えも可能です。)

持ち物:色鉛筆

お持ちでない方は、
水性、油性、100色以上の色鉛筆をご用意していますので、
色彩豊かにカラーリングができます。

お問い合わせ、お申し込み
izd00076@nifty.com

作品例

Img_20170710_145129_20170710150241
Img_20170612_170843_20170612170934
N8


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

放射能汚染と糖尿病の激増~相次ぐ「突然死」の裏で何が起こっているか

糖尿病が、放射能の影響だとの説です。

ここ、東京日野市でも、当時、通常の4倍の放射能が観測されています。

http://www.mag2.com/p/money/6525

~~~~記事抜粋~~~~

「ストレスが糖尿病発症の主原因となる」という説は信用できない
さて、福島の児童に異常な確率で糖尿病が発症していることは事実です。
これが、放射能に起因する病気ではないと、
必死に打ち消すだけの根拠はまったくありません。

こうした“火消し機関”でさえも、
「避難によって子どもたちの生活環境が一変し、
その結果2型糖尿病の危険因子を抱えてしまうことは充分にあり得ます。

そのような状況の中、極端なケースとして小学生以下でも
HbA1cの値が高くなったのかもしれません」
と前置きしながらも、
「放射線被ばくによって膵臓の機能が低下することはありますが、
致死量をはるかに超える線量を膵臓が集中的に受けない限り
そのような事態にはならないため、今回のケースはそれには該当しません」
と結んでいます。

まず、仮設住宅に移り住んで生活環境が劇的に変化したことが発端となって、
ある子供は心因性ストレス障害で、ある子供は運動不足によって
2型糖尿病になったと結論付けることができる医学的な根拠はどこにもありません。
私が直接、何度も会話した実績のある糖尿病の専門医たちは、
「ストレスが血糖値を上げる一因として作用することは否定はしないが、
その影響はごくわずかである」と言っています。

また、私自身、過度なストレスをかけて仕事をしましたが、
血糖値に変化はありませんでした。
こうしたことから、ストレスが糖尿病発症の主原因となる、
という説は、とうてい信じられるものではありません。

つまり、「嘘」であると断定して間違いではありません。
それより、放射能が病気の原因だとする説を、
ことごとく否定する(「いわゆる」)専門家みずからが、
「放射線被ばくによって膵臓の機能が低下することはあるし、
致死量をはるかに超える線量を膵臓が集中的に受ければ糖尿病になる」
と言明していることのほうが重要なのです。

放射線被曝は、外部からの照射による被曝であろうと、
食べ物や自らの内部被曝によるものであろうと、
膵臓の機能を弱らせてしまう、ということは少なくとも確かめられている、
ということです。

この“火消し機関”は、
「致死量をはるかに超える線量を膵臓が集中的に受ければ糖尿病になる」
と言っていますが、「致死量をはるかに超える線量」などを浴びてしまえば、
糖尿病を発症する以前に死んでしまうので、まったくナンセンスな話です。
「格納容器は壊れないし、プルトニウムは飲んでも大丈夫」
と公の場で広言して会場に来ていた人々を騙した東大の教授
(※リンク先はYouTube動画)がいましたが、これはネズミ、
イヌのような寿命が2年から10年の動物で行われている動物実験の
結果から言ったのであって、
平均寿命が80年の人間の場合であれば重大な結果引き起こします。
これと同じことです。

大気圏から地上に降下した放射性物質の量と、
原発から漏れ出る放射性物質や核廃棄物の量と、
膵臓がんや糖尿病の増加がぴったりシンクロしていると主張しているのです。
ストロンチウム90からできるのが、イットリウム90だ。
これは骨じゃなくて、膵臓に集中する。

膵臓というのは、糖尿をおさえるホルモンであるインスリンを分泌しているから、
ここに異常が出ると糖尿病になる。
世界中で、糖尿病が急増しているのは知ってるね。
日本は、すでに人口の割合から言えば、
アメリカの(糖尿病になっている人の)2倍もいる。

そのアメリカだって、イギリスより発症率が高いのだ。
日本では、戦後から現在にかけて、膵臓がんが12倍にもふくれあがっている。
50年代の終わりにドイツの動物実験で発見されたのが、
ストロンチウム90が電子を放出してイットリウム90になると、
骨から肺、心臓、生殖器などに移動するのだが、
膵臓に最も高い集中見られたということだ。

膵臓からインスリンがうまく生産されないようになると、
血糖値が上がって糖尿病になってしまうのだ。
今までは放射能が糖尿病と繋がっているなんてまったく認知されていないのだ。
これで分かっただろう、国際放射線防護委員会(ICRP)は、
当初、放射能の影響として、特定のがんと奇形児くらいしか認めなかった。
未熟児、乳児の死亡や、肺、心臓、膵臓、
これらの部位への影響はすべて無視されてきたのだ。

(※彼の本の邦訳版『人間と環境への低レベル放射能の脅威─
福島原発放射能汚染を考えるために』が出ています)
~~~~~~~

読み終えて、
当時、政府は、人間に影響が及ぶ放射能数量を、引き上げています。
引き上げても、人間に及ぶ数量は、変わらないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

大人のぬり絵

ぬり絵でも、様々なのがあります。

初心者から上級コース?まで。


私は、水性色鉛筆を使用しています。
水筆でなぞると、水彩画のようになり、
グラデーションが簡単にできます。
最近は、1時間ぐらいで塗ることができるようになりましたが、
下記のぬり絵は、乾かしながら塗っていったので、
2日間ほど要しました。


N2



| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

風水と家相

先日、鑑定した物件は、タワーマンションでした。

一つ手前の駅から歩いて行きました。
近づくにつれ、頭が痛くなってきました。


ここは、人が住んではいけない土地だと思われます。
物件の傍には、処刑場跡地、引込み線、川など、
マイナス要素が多々ありました。
川は、流れの方向や形で、マイナスのエネルギーが強く働きます。

鑑定した物件は、マイナスが強く働いてしまう位置にありました。
感じやすい人は、いられなくなり、引越しそしてしまうでしょう。
確認をしましたら、引越しが多いとのことでした。
依頼された方は、
お子様と奥様に、症状が現れていました。
室内に入り、電磁波を調べました。

電磁波は、携帯ラジオで音として認識できます。
私は、ダウジングを受講のとき、先生から教わりました。

電磁波、DNAを損傷するそうです。
書籍「携帯電話と脳腫瘍の関係 ついに科学があきらかにした」
これを読むと、お子様に被害が多い原因が解ります。
お子様の机からは、電磁波が強くありました。
座っただけで、被爆する可能性があります。
また、部屋中、電磁波が感知されました。
扇風機は、稼動していないのに、羽のモーターの部分、
スイッチの部分。
コンセントを抜いたら、音は、小さいくなりました。
TVは、当然、音が酷かったです。
TVの前にあるソファーのしたから、電磁波は発せられていました。
なんと、ソファーの下には、電源コードが通っていました。
ソファーに座っただけで、被爆してしまいます。

マンションの場合は、壁内には、配線があります。
戸建て違い、天井や床にもある場合があります。

鑑定をした室内は、小さな照明が一直線に、5個ほど配置されていました。
見た目は、大変おしゃれですが、照明の下に立ちましたら、
かなりの電磁波が放出されていました。

現代は、電磁波は避けられません。
ですので、必要最小限に抑えることなのです。

この物件は、気にも問題がありましたので、
気に流れを調べ、天然水晶での対処を施しました。

風水は部屋の風水が有名なのですが、
本来は土地やその周りの環境をみてから家や部屋の細部を見るのものです。
土地やその周辺環境は部屋の風水より強い影響をあたえるため、
そこに住む人の運気にも直接的に影響をあたえます。

当サロンでは、ダウジング中級コース
「風水と家相」で、対処の仕方なども学べます。


お問い合わせ・お申し込み

izd00076@nifty.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2017年6月 | トップページ