« 本物のヒーラーとは | トップページ | 富士塚巡りとミネラルショー »

事故

ダウジング新セミナーを開設するため、
昨日(11月29日)、「スピリチュアルシンクロダウザー養成講座」
を受講してきました。

内容は、後日書かせていただきますが、
帰り、新宿駅から、我が家、豊田駅へ帰るのに、
中央線に乗ります。

”立川行”が着ましたが、豊田駅は、立川駅から2つ先ですので、
見送り、次の電車、”八王子行”に乗りました。

夕方、5時少し前でしたので、
座ることができましたが、けっこう混んでいました。

吉祥寺駅を少し走ったところで、急停車しました。
アナウンスでは、「三鷹駅で人身事故のため、停車しています。」

見送った立川行きの電車が、トラブルとなったのかなと思いました。

しばらくして 「ただいま、駅員による人命救助をしています。」

どうやら飛び込み?フォームから落ちた?

以前、乗っていた電車の、目の前で、やや太めの人が、
スマホを見ながら歩いていて、停車している電車とフォームの間に落ちて、
周りの人が、即、引き上げた光景を見ています。

その女性は、見た目、足に擦り傷程度でしたが、
ショック症状なのか、しばらく、動けず、
やっと歩いて、その場を離れたので、大丈夫なのかなと思いました。


「今、警察と消防で、現場検証を行っていますので、情報が入りしだいご案内します。」
警察と消防! 飛び込みなのかな?

「発車予定は、18時20分ごろとなります。」

腕時計を見たら、17時45分。まだ30分以上もある。

私が乗った車両は、2両目、1号車を除く、各車両の扉1ヶ所開けられ、
続々と、人が降りて行きます。

私は、座っていました。腕時計を見たら、18時15分。

あと5分で、動くのかなた思っていたら、
「この電車は、回送となりますので、降りまして、次の高尾行きにご乗車ください」
下りたら、フォームは、すごい人、男の怒鳴っている声が聞こえました。

私は、京王線で迂回しようか、迷いました。
吉祥寺駅からは、井の頭線に乗り、明大前で、京王線に乗り、
京王八王子行きに乗れば、帰れますが、たぶん、明大前もごった返しているのではと、
思いました。

すると、「次の電車、高尾行きは、お隣、西荻窪は出ていますので、
しばらくお待ちください。53分遅れとなっています。皆様には、
大変ご迷惑をおかけしています。」

結局、次の電車に乗りましたが、ぎゅうぎゅう。

つり革につかまりましたが、右隣の女性が、つり革につかまりながら、
スマホでゲームをしています。

人に押されて、その女性にもその勢いがいってしまいます。
その女性は、ゲームをするスペースが必要なのでしょうか、
押し返されます。


こんな状況で、ゲーム!?



駅に止まるたびに、押されてては、押し返されます。
腰と、背中が痛くなってきました。

国分寺で、座ることができ、やれやれです。
立川駅で、どっと人が降りました。

帰宅後、ネットで、「三鷹駅人身事故」を調べました。
どうやら、飛び込み自殺のようです。
レールの上は、血だらけとの書き込みがありました。
警官が、ビニール袋持っている写真では、赤色が見ます。
どうやら、腕のようです。

自殺した魂。この人は、かなりの負のカルマを、背負ってしまったことでしょう。
まず、自殺した魂は、死ぬ直後の痛みを伴って、
暗闇の世界へ移行します。

つまり、この人は、轢かれた痛みを伴うということになります。
想像を絶するような痛みだと思われます。

自殺した人の魂は、「なんで自殺したんだろう」と、後悔します。
この、人身事故の影響で、多くの路線が影響を受けていました。
この人は、自殺というカルマ、
そして、多くの人に迷惑をかけたというカルマ。
相当の、負のカルマを背負ったということになるのです。

今は苦しくても、
その苦しさは、ずっと続くわけではありません。
私も、色々と、経験をしています。
自殺を考えたこともあります。



ですが、それを乗り越える忍耐と努力は、必要です。
そこから、何かを学びます。



乗り越えられない、課題は与えれません。
必ず、乗り越えられるのです。

知りえる自殺した人がいましたら、
「今度、生まれ変わって、人生を全うしてね」と、
エールを送ってください。

昨夜、私は、この人の魂に、
エールを送りました。

|
|

« 本物のヒーラーとは | トップページ | 富士塚巡りとミネラルショー »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500519/64562596

この記事へのトラックバック一覧です: 事故:

« 本物のヒーラーとは | トップページ | 富士塚巡りとミネラルショー »