« 放射線・放射能(4) | トップページ | 薔薇が咲きました。 »

放射線・放射能(5)

相変わらず報道関係は、
「放射能汚染はそれほどひどくない」ようなことを言っています。
ですが、 本当はかなり酷いことが発覚しました。

「文部科学省及び米国DOEによる航空機モニタリングの結果」が、
発表されています。
これを見るとチェルノブイリの数倍汚染されていることがわかります。

チェルノブイリの最大汚染レベルは、
1平方メートル当たり380万ベクレルなのに対し、
福島第一は推定2000万ベクレルとのことです。

原発から60キロ離れた福島市でも、
60万ベクレル以上となっており、
チェルノブイリの強制移住ラインを超えています。

また、今回の調査では80キロ圏内までしか測定されていないのですが、
この状況を見ますと、かなり遠くまで汚染されていると思われます。

今後チェルノブイリを超える放射能被害が出る可能性も高いので、
楽観視せず最大限の対策をとることをお薦めします。。

暮らす場所選びはもちろん、食品選びの際にも、
かなり注意したほうが良いでしょう。

楽観的なコメントを述べる人の話を信じて、
放射能を気にせず暮らしていたら、
どんどん被ばくすることにつながりますので、
くれぐれもお気を付けください。

「文部科学省及び米国DOEによる航空機モニタリングの結果」
http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/__icsFiles/afieldfile/2011/05/06/1304694_0506.pdf

|
|

« 放射線・放射能(4) | トップページ | 薔薇が咲きました。 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500519/51639540

この記事へのトラックバック一覧です: 放射線・放射能(5):

« 放射線・放射能(4) | トップページ | 薔薇が咲きました。 »